英語教材 海外留学 スピードラーニング

英語教材や海外留学を無駄にしないために

英語を学習する方法としては、次に様な方法があります。本屋で売っているような参考書で勉強する。本屋では販売していないような通信販売で売られている英語教材を利用する。英語学校や英会話スクールに通う。通信教育講座で勉強する。オンライン英会話スクールで勉強する。海外留学する。英語のマンツーマンコーチにつく。インターネットの無料サイトや動画サイトを利用する。ざっと挙げただけでもこのようないろいろな選択肢があることがわかります。

それでは実際にあなたはどの方法で英語学習をすることにしますか?こう聞かれて、どれが自分にとってベストの選択かを即答できる人は少ないかもしれません。たしかにその通りであり、それが普通ともいえます。なぜなら、どの学習方法がベストかは人それぞれであり、絶対にこの方法でなければいけないという唯一の正解というのは存在しないからです。

⇒ あなたに合った英語教材を見つける方法は?

一番お金が掛からないのがネットを利用した学習方法といえますし、一番費用的に高価なのは海外留学という手段かと思います。費用さえきにしなければ海外留学というのが英語力を伸ばせる可能性に満ちています。留学先の現地でホームステイをすれば、授業で英語、自宅で英語といったように24時間英語に触れる環境を作り出すことができるからです。また、それと同時に英語を使わなければ意思疎通ができない状況が自然に生まれますので、その必要性に迫られた中で英語を伸ばしていくこともできるのです。でも、海外留学が良いといっても、最終的には本人次第です。留学先には日本人もいるでしょうから、彼らと日本語ばかしを話して過ごすということだって可能です。家に帰ってからホストファミリーとの団欒に時間を使うのではなく、自分の部屋にこもってインターネットで日本のサイトや動画ばかしを見ることだってできてしまうのが現代の留学環境です。したがって、いかに最良の方法である海外留学であっても、本人の意思と行動によって、その成果に大きな違いが生まれてくるのです。

この考えは、留学だけでなくその他の学習方法についても同じです。自分が選択した方法で、どれだけ最善が尽くせるか。これにかかっているといっても過言ではありません。英会話スクールに通っていても、スクールの授業時間しか英語を使わなかったら英語は伸びないでしょう。授業のための準備を行い、そして授業のあとに反省を踏まえてさらに学習するという行動が必要す。そうでなければ、英会話スクールにただ通っているというだけにしかすぎません。学習教材にしても同様です。ただやっているだけでは駄目です。その教材を通して自分の英語力を伸ばすにはどうしたら良いかを真剣に考え、真摯に取り組む必要があります。もちろん、ただまじめにやればいいということではありません。楽しむ気持ちだって大切です。真剣に・楽しんで・英語を勉強するということです。そして、その学習を継続するとうことです。短期間では英語力は身につきません。そのことをきちんと知った上で学習に取り組む必要があります。

社会人の方を想定した場合、海外留学というのは現実的ではないかもしれません。英会話スクールに定期的に通うことができる人も少ないかもしれません。それら以外にもいろいろと方法はありますが、無理にない範囲でいくつかの学習方法を組み合わせるとよいでしょう。英語の習得のというのは、どれかひとつの学習方法だけ実践すれば大丈夫というものでもありません。そのためにもいくつかの学習方法に並行して取り組むことをお勧めします。

たとえば、スピードラーニングという有名な英語教材があります。この英語教材のうたい文句を見ると、(そうは明言はしていませんが)スピードラーニングだけで、英語が聞き取れるようになって、ペラペラと英語が口から出てくるようになるのではと錯覚します。でも、実際にはそんな単純なものではありません。スピードラーニングに意味がないとはいいません。お伝えしたいことは、スピードラーニングだけをやっていても駄目ということです。スピードラーニングをやりつつ、他の勉強法も同時に行っていくことを忘れてはいけないということです。ひとつの学習方法だけでは全てを埋めることはできませんし、また、いくつかの学習方法を同時におこなうことにより、相乗効果という結果も望めます。英語学習とはそういうものと思って下さい。

ネイティブの彼氏 海外ドラマDVD NHKラジオ英会話 

Copyright © 英語教材や海外留学を無駄にしないために All rights reserved